自動車購入コンサルタントが教えるお買い得中古車

15台以上の車を乗り継いだ、自動車メーカー所属のコンサルタントがお買い得な中古車をご紹介します。

ちょっと待った!新車の軽を買うならフィガロに乗ろう!

見た目が大好きフィガロちゃん


House with Matching Accessories - West London - Feb 2008 フィガロかわいいよ・・・フィガロ・・・!

2017年5月現在、軽や小型車の新車を買いたいと思っている10代・20代の女性にオススメするのが日産 フィガロ
日本では、1991年02月~1992年12月(短い!)にかけて、パイクカーとして販売されていたのがこのフィガロです。
軽自動車ほどのサイズに最近の車にはない可愛さをいっぱい詰め込んだ、今後は二度と出てこないデザインのフィガロを購入できる最後のチャンスです。
0889 : FIGARO

「運転が苦手な私でも、軽じゃなくて普通車に乗れるのかな?」という方や、「そもそも、パイクカーって何!?」という方にもフィガロの魅力をわかりやすくお伝えします。

この車をオススメする要点

・軽自動車の「カワイイ!」より上質な「大人カワイイ!」

・ATだからこそお買い得な1台

・二度と出せないデザインは今後の値上がり間違いなし

・「室内が狭いのはちょっと・・・」というあなたには 兄弟車の パオ !

車両スペック

全長:3,740mm
全幅:1,630mm
全高:1,365mm
ホイールベース:2,300mm
ドア枚数:2ドア(コンバーチブル
乗車人数:4人
排気量:1000cc
エンジン:76PS/6,000rpm
出力:10.8kg/4,400rpm
ミッション:AT or MT

軽自動車の「カワイイ!」より上質な「大人カワイイ!」

今回のフィガロは若い女性にオススメの1台です。
初めて自動車を購入する予定の女性の多くは、軽自動車を購入されると思います。
そのため、市場にはラパン・ミラ ココア・ハスラーなどなど・・・各社女性を強く意識した車が次々と発売されています。

そんな中、筆者は強く疑問を投げかけたい!「軽特有の角ばったスタイル・・・オシャレですか!?」と!

多くの女性が軽自動車を購入する理由は、
1. デザインがカワイイ(良い)から。
2. 小さくて、小回りがきくから
 3. 運転が苦手でも乗れそうだから

この3つになると思います。

では、本当にデザインが良くて、小さくて、運転しやすいのが軽自動車なのでしょうか?
軽自動車以外の選択肢は無いのでしょうか?

本当に普通車の運転は気を使うのか?

まずは軽自動車のサイズから振り返ってみましょう。

「全長3400mm以下・幅1,480m以下、高さ2,000m,以下、排気量660cc以下」が、軽自動車の基準になります。
フィガロのスペックと照らし合わせてみると、フィガロの方が全長+260mm、全幅+150mm、排気量+330ccしか違わないのです。

大きいと言えば、一回り大きいかもしれません。
ただ、女性にも大人気のトヨタ アクアなどと比較してみると、全長・全幅・全高・排気量とも全てアクアの方が大きいんです。

初心者マークを付けて乗っているアクアを運転するより、よっぽど簡単に乗れてしまうんです。
それなら「大丈夫そう!」って思ったでしょう?

ちょっと高いけれど・・・安心して乗れるレトロカー!

ATのお買い得フィガロを見てみましょう。

※2017年5月31日現在の情報です

乗り出し80万円から購入できそうです。
今から20年も前の車なのに、80万円もするのは高いと思われるのは当然のコト。
けれど、最近は軽も値段が上がっており、乗り出し価格は130万〜150万円ぐらいです。
それを考えると、少し古いけれど、半額でもっとオシャレに乗れてしまうフィガロはお買い得とも言えます。

ATをオススメする理由

このような珍しい車は、車に詳しいオーナーが乗っていることも多く、綺麗な車両が沢山あります。
そういうオーナーさんはMT好きが多いため、フィガロはATがお買い得なんです。

MTになると急激に値段が上がり、最も高いフィガロでは乗り出し160万円ぐらいしてしまいます(!)
しかし、それでも欲しい人がいるからこその、このプライス・・・人気の現れですね。

パイクカーとは?

本気のレトロカー(MINIやビートルなど)に乗ろうとすると、各所は壊れ、エンジンがかからないなんてこともザラ・・・。

しかし、このフィガロパイクカーと言って、時の普通の車にデザインだけ変えて発売したものになります。
デザインはレトロカー、中身の信頼性は日本車といういいとこ取りなのがフィガロ
ちなみに、中身はK10型という日産 マーチになります。
Nissan Micra
こうやって見ると、まるで別の車のようですね。
発売当初20000台限定で発売する予定だったのですが、あまりのデザインの良さに購入者が殺到!
結局50000台近くも売れたとか・・・。

ちなみにこのフィガロ以降は、日本のパイクカーで成功を収めた車は誕生していません。
だからこそ、このフィガロは中古車になっても値下がりしないことで有名な車なんです!

例えばこの車に3年乗っても、前とほとんど変わらない金額で売れてしまうんです。
海外では発売されていないにも関わらず、アメリカやヨーロッパで人気のため、日本からも多数輸出されています。
海外でも人気があるからこその、いつまでも変わらない中古車価格。
リセールバリューまで考えて、安い車なんですね!

中古車コンサルタントカーセンサーで見つけたオススメの1台!

レトロなデザインが好きで、他とは違うこだわりを持った方にオススメしたいのがこの1台!

このカラフルなカラーが本当に可愛いです。
こちらも乗り出し80万円ぐらいの車両になります。

10万キロ以上走ってても大丈夫!?と心配になる方も多いと思いますが、10万キロなんて海外で走ってる車に比べたら、あと10万キロは大丈夫ですよ!っと言いたくなるぐらいの距離です。

メーカーの設計基準も10万キロ程度ではなく、20万キロは見越して造られています。
その証拠に、日本にある10万キロ以上の車は多くの場合、そのまま海外で売られています。
海外の過酷な道でも乗られている日本の過走行とされる日本車たち・・・まだまだ走れる証拠ですね。

 

「室内が狭いのはちょっと・・・」というあなたに パオ はいかがでしょう!?

フィガロもカワイイけれど、荷物が載らないのは困る」という方にオススメなのが同じ時期に発売された、日産のパオはいかがでしょう!?
1991 Nissan Pao Auto
いやもう、パオも最高にカワイイです。
パット見がレトロなのに、中身は古くないから壊れない!
しかもパオも安心の日本車というところに魅力を感じずにはいられません。

そして、若干フィガロよりお安くなりました(笑)

まとめ 〜周りに流されない女性に乗って欲しい1台〜

今回ご紹介したフィガロとパオはもう日本で発売されることはありません。
このようなデザインは、今の衝突安全基準では作ることが出来ないからです。

つまり、こんなレトロで可愛い車は、もう二度と発売されることはないんです・・・残念すぎます。
だからこそ、今が乗れる最後のチャンスだと言い切れます!

ぜひとも周りとは違ったこだわりを持った女性に乗って欲しい1台。
本当にオススメな車です!
I Love Figaro!

1991 Nissan Figaro